沢山の大型バス

旅行の手軽さ

ガイドからの説明

航空券の予約販売の方法が非常にバラエティに富んでいる。昔の電話予約にはじまり、インターネット予約が主流となっているが、格安での航空券の予約方法が多く出現している。 一番格安の航空券を手にできるのが、旅割というシステムである。これは搭乗日のかなり前倒しで購入することによって、割引の航空券で購入できるというシステムである。以前は搭乗日の28日前までに購入などの商品が存在した。 現在では搭乗日75日前までに予約をすれば、より安価な航空券を購入できるというシステムである。正規運賃の半額以下で購入することができるので、かなりの人気である。実際に3カ月以上先の予約状況だが、週末になると残りわずかな状況となっている。

今年は北陸新幹線が開通するなど、鉄道にスポットがあたっている。飛行機の場合はどうしても空港までが遠いとか、搭乗手続きに時間がかかるなどの問題がある反面、鉄道の場合はそうした時間的ロスが無いというメリットがある。 そうした背景があるため、航空会社としては鉄道へ向きつつある利用者を何とか食い止めたいという思惑がある。そのため、より割引感の強い予約方法を打ち出してくると思われる。事実、北陸新幹線開通で東京と金沢の間で多くの新幹線の利用者が出てくることが想定されているためか、東京羽田と石川小松間の航空券特割料金が新幹線の料金よりもかなり安価な料金で設定されている。 こうした予約割引が今後、さらに幅広く展開されていくのではないだろうか。